Play a Game



機動戦士ガンダム「戦場の絆」

燃え上がれません!ガンダム


事のはじまりは・・・

仲良しの物理屋さんから,
自分達がガンダムに搭乗しながら,
仲間同士で通信ができるゲームが新宿にあるらしいので,
今度対戦しにいかないか?
というお誘いをうけたことだった.

「通信?搭乗?ゲーム?対戦?」この新しい響きに心を奪われ
さっそくネット検索してみると,
「戦場の絆」というゲーム名であることが判明した.

用意周到な私は,
新宿で新年会を行う予定があったので,
物理屋さんと一戦交える前に,
ゲームセンターに立ち寄って練習がてらPlayしてみようと考えた.

ところが現地にいってみると,
「一時間待ちです.」というくやしいお知らせを店員からうけたのだ.
しかたなく断念したものの,余計に対戦したい気持ちが増幅していった.

そしてある日,技術的なミーティングを,「どこで行うか」という流れになったので,
ここぞとばかりに,都内から少し外れた某所を指定して,
打ち合わせの後に「戦場の絆」に搭乗することを確保した.

※気になることは,リサーチして準備する!これ大切なこと.


パイロットターミナルで購入
現場に到着すると,案の定のガラガラ状態.新宿とは大違いだ.
暗黙の了解で取説を無視し,ゲームをはじめようと乗り込むと,
Playするには専用のカードが必要だというのである.


ゲームそのものについてまずは確認することにした.
①ゲームは連邦軍とジオン軍に分かれて,オンラインで部対戦を行う.
②4機対4機のステーションで行う.
③ゲームをはじめる前にパイロット登録したカードを購入する.
④仲間たちと勝つための作戦をたてる.

⑤それぞれゲーム機に搭乗して,仲間と通信しながら対戦する.
という,面倒な流れだそうだ.

ガンダムのことはよくしらないまま,
また,勝つことなどどーでもよく,とりあえず,
「地球連邦軍のまみち」という設定でカードを入手した.
ちなみに,初期登録代が300円,
カード代が300円と,なんだかやられた気分である.

このような手続きを終えて,やっと搭乗することができた.
しかし座席にすわってカードを差し込むと,すぐにスタートするわけではなく,
さらにPlay代500円(2回分)を請求されたのだ.
キーっ!




          いざ対戦!!
実際にはじめてみると,
基本の操作方法を確認してる間もなく,画面は勝手にどんどん進み,
私はくるくると回りながら,いきなり穴から戦場へと落ちていった.

そして,搭乗してから7-8分後,
ひたいから汗が流れ出してくるわ,吐き気がしてくるわ,
宇宙酔い状態になり「絆」どころじゃなくなっていた.

みんなが戦っているのを横目にみながら,
とにかく,どこか安全な場所はないかと
やっとの思いで見つけた壁に隠れたところで,
「対戦ゲームですから対戦してください.」
と通信でつっこみが・・・・・
「できるかいな.」とMaxの酔い到来で,がまんできずに外に飛び出した.


それからしばらくして,
真っ青な顔でぐったりしている私のところへメンバーの一人がやってきて,
「西田さん,民間人から二等兵に昇格されましたよ.」
「武器も手にいれときました.」

とカードを渡された.
どうやら,燃え上がってくれたようだ.

搭乗型二足戦闘ロボットを開発するときの教訓



(1) どんなすばらしいテクノロジーを取り入れても,
  それを使いこなすスキルがなければ意味が無い.

(2) 「酔わない」,「スキルなしでもOK」のロボットを作るとなると
   変な構造になることは確か.


(3) 途中まで開発して「こりゃダメだな」と降りたとしても,
   燃え上がる誰かが気合いでそのあとをやってくれるかもしれない.


Mami Nishida 2009.1.30


BonNou コラム(前)

トップページに戻る