「メカトロニクスThe欲張りドリル」
〜「機械」と「電子電気」と「情報」のテーマと問題〜をご購入頂きましてありがとうございます.

書籍に誤りが見つかりましたので,こちらに掲載いたします.
また説明不足な箇所についても,サポートしております.
お手数ですが,下記の正誤表をご利用ください.

なお,本書の内容およびご質問については,メールにてお送りください.
返信には、しばらくお時間をいただく場合がございます.
読者の皆様からお寄せいただいた質問(一部,筆者による想定質問を含みます)については,
本ページにUPする形式でお答えしたいと思います.

読者の皆様さまにご迷惑をお掛けしたことを深くお詫びいたします.  

                                               西田麻美 2010.07



ページ 箇所 版・刷
8、9 Q1.A1.

サポート

初版1刷
20 A2.
下1行目
初版1刷
21 A2.
下1行目
初版1刷
24、25 Q1.A1.









Q2.A2.





初版1刷
25 A1.




A2.







初版1刷
31 A1.
上6行目
ΔT T 初版1刷
35 A1.
初版1刷
47 A2.

初版1刷
49 A2. 最短リンクaを固定 最短リンクを固定 初版1刷
52、53 A2.
(破線) (中心線) 初版1刷
53 A1.
図(左)


A2.
図(右)

     
  
初版1刷
53 A2.
下段
最大許容寸法
最小許容寸法
最大許容寸法
最小許容寸法
初版1刷
56、57 Q1.A1.
初版1刷
57 A1.
初版1刷
62、63 Q1.A1.
初版1刷
62 D D(運動エネルギーの式) D 削除 以下番号を繰り上げ 初版1刷
63 CとD
の統一
初版1刷
64、65 Q1.A1.
初版1刷
65 A1.
初版1刷
66、67 Q1.A1.
初版1刷
67 A1.A
初版1刷
72 回転数
サポート
回転数は(rpm)で示され、現在は(min−1)で示されています。また、回転速度を一分間当たりの回転数で表す場合があります。単位は、r/min(アール・パー・ミニッツ)さらに、一秒間当たりの回転数で表す場合は,r/sec(アール・パー・セコンド)となります。
回転数の単位は、[rpm]であり、場合によっては[min−1]で示されます。
回転速度は、[r/min] (アール・パー・ミニッツ)、回転速度が速い時に は、
[r/sec](アール・パー・セコンド)で示されています。
初版1刷
72 回転数
サポート
初版1刷
84、85 @A 定格トルク0.3kW 定格出力0.3kW 初版1刷
92、93 加速度センサの説明文
サポート
ケースを左右に動かしたときに、一瞬にして動いた時のおもりに加わる力を測定します。ケースと慣性質量と変位が測定物の周波数に比べて、共振周波数が大きいと加速度、小さいと変位に比例することを利用しています。
ケースを左右に動かしたときに、一瞬にして動いた時のおもりに加わる力を測定します。センサの共振周波数が測定物の周波数に比べて、大きいと加速度、小さいと変位に比例することを利用しています。 初版1刷
103 A1.
上12行目
インクリメンタル式 アブソリュート式 初版1刷
118 Q1.
上2行目
=2.5
=2.5mA 初版1刷
118 Q1.
初版1刷
119 A1.
初版1刷
119 A1.
初版1刷
120、121 Q1.A1.
サポート
下図の回路は、反転(負帰還)増幅回路といいます。5[kΩ]、1[MΩ]にはそれぞれ、1[μA]1[μA]が流れます。入力電圧Vi=5[mV]を加えると、出力電圧は−1[V]です。 下図の回路は、反転(負帰還)増幅回路といいます。入力電圧Vi=5[mV]を加えると、5[kΩ]、1[MΩ]にはそれぞれ、1[μA]1[μA]が流れます。出力電圧は−1[V]です。 初版1刷
120、121 Q1.A1.
初版1刷
121 解答番号 Q1.
Q2.
A1.
A2.
初版1刷
127 LED
129 解答番号 A1.がない A1. 初版1刷
130、131 Q1.A1.
上2行目
ロジックはICは、 ロジックICは、 初版1刷
132、133 記号
AND
OR
NAND
初版1刷
135 解答番号 Q1. A1.
初版1刷
136、137 Q1.A1.
初版1刷
151 A2. USB USBメモリ 初版1刷
153 A1.
初版1刷
159 A1. 初版1刷
166、167 Q1.A1.
「for」文の図
初版1刷
167 Q1.A1.
「for」の説明
for文を用いた繰り返し処理は、for(式1;式2;式3){文}のように式を3つ用いて記述されます。この処理は、まず1式が実行されます。1式は初期設定を行う式で1回だけ実行されます。次に3式を実行し、再び式2の条件判断を行いその値がTrueである限り文と式の処理を繰り返します。式2の値がFalseになったところでループを抜け出します。
for文を用いた繰り返し処理は、for(式1;式2){文}のように式を2つ用いて記述されます。まず1式が実行されます。1式は初期設定を行う式で1回だけ実行されます。次に式2で条件判断を行い、その値がTrueである限り文と式の処理を繰り返します。式2の値がFalseになったところでループを抜け出します。 初版1刷
172 Q1.
レジスタの
説明

サポート
A 情報を記憶処理する2階の部屋をDDR(データ・ディレクション・レジスタ)と言います。ここで、1階が入力か出力かのどちらなのかを決めます。例えば、8つを全部出力に設定したいならば、2進数 で11111111に設定すればよいので、これを16進数に変換して、PA.DDR=0xffと設定することを考えます。
B 1階の入出力の部屋をDRと呼びます。DRは、さらに細かく8個の出入り口の小部屋から構成されています。
これらをbitと呼びます。
例えば、d7というbitの部屋から0を出力したければ、PA.DR.BIT.d7=0、d6というbitの部屋に1を出力したければ、PA.DR.BIT.d6=1と指定します。また、この小部屋から00001111と入出力する場合は、PA.DR.BYTE=0xffというようにも表すことができます。
A 2階では、入力あるいは出力の情報を記憶します。この2階の部屋をDDR(データ・ディレクション・レジスタ)と言います。
B 
1階では、2階の情報が入力なのか出力なのかを決めます。
この1階の部屋をDRと呼びます。DRは、細かく8個の出入り口の小部屋から構成されています。この小部屋をbitと呼びます。

例えば、d7というbitの部屋から0を出力したければ、PA.DR.BIT.d7=0、d6というbitの部屋に1を出力したければ、PA.DR.BIT.d6=1と指定します。
1階の小部屋から00001111と入出力したい場合は、PA.DR.BYTE=0xffというように表すことができます。
初版1刷
204、205 Q1.A1.
初版1刷
205 A1.
上3行目
約0.5時間 約0.5秒間 初版1刷



トップページへ戻る