Prowler



街を徘徊しはじめて
早数十年

気の向くまま
足の向くまま
春夏秋冬
あちらこちらをウロウロする
21世紀の徘徊シリーズ


有楽町

有楽町で
お気に入りの徘徊スポット,

特別な2箇所について
ご紹介します.

まず一つ目は
出光美術館

なんと言っても
ここからの眺めは
とても優雅で美しい.

景色を堪能するチェアーが用意され
お茶を無料でいただけるのがうれしい.

@出光美術館
一般1000円,10:00〜17:00(入館は16:30) 金は19:00まで,月は休館.
やたらと多い外人観光客に混じってボーっとするのがおつなもの.
夕方は,かなりノスタルジア ↓

もう一つは,
” 日比谷公園 ”

有楽町から徒歩5,6分で到着.

学生時代から
ほんとうに
お世話になっているところ.


日比谷図書館へ久々に訪れたけれど
平成23年まで休館だそう・・・.

図書館のカレーライスの一口は
学生時代の青臭さを
思い出させるのよね.




A日比谷図書館 (休館デス)


日比谷公園は
イベントたくさん
やっぱり都会のオアシスです〜.

B日比谷パークセンター
ホワイト・テラスがかわいい.
C日比谷南部亭
日本家屋の一軒屋,なのにフランス料理〜.予約すれば2階の個室で食事会もOK

D日比谷公会堂
若き頃,演奏会にお招きされたのは確か・・,でもその後どうなったのか全く記憶がない.
E日比谷アーカイブカフェ
不定期の営業です.レトロなポスターの壁を通って正面のところでハイカラに注文するの.

F日比谷松本楼

弁護士の先生,税理士さん,大学の友人,エンジニア
いろいろな方と待ち合わせた
松本楼

森の中にちょこんと構えるレストラン.
オムライスは1050円と安くておいしい.

ブックオフでゲットした
Newton別冊「 自然にひそむ数のミステリー」
を読んで待っていた私に
友人が一言.

ここで,それを,出しちゃいますかぁ?

日比谷公園は
平日よりも土日.

お昼よりも
月が昇る夕方からが好き.

淡いヒンク色の中に
恋人達を包みこみ

動的な都会が静的に落ち着いてゆく
その瞬間がとても好き.

そして柔らかい
街明かりが
ふわりと広がる頃は
なんとも言えない.


G日比谷花壇

第3土曜日は,
おしゃれな花瓶や植木鉢が
激安セール!

ベランダに並べる洋風の鉢を3つ購入しました.

Hフェリーチェ・ガーデン日比谷
夜から結婚式だったみたい.レイアウトや装飾,コーディネートがとても自然体.大事な瞬間のセンスがわかる男性にはグッとくるもの.
” あなたと私の合言葉 有楽町で逢いましょう ”


そうそう,最近ね
西田研の学生さんに
先生の言ってることが
わからないです.
と言われ

ジェネレーション・ギャップを
感じたばかりだったわ.


2010. 10. 21 Mami Nishida
I日比谷茶廊
ドラマや映画によく出てくる,ビールが豊富でテラスで
ワイワイおしゃべりするにはピッタリなところデス!



トップページへ戻る