Vitality


KUMAMUSHI

「西田さん,クマムシですよね〜.」







参考:クマムシゲノムプロジェクト
クマムシTシャツ(1500円)が気になる.
クマムシチョコアイスも・・






Mami Nishida 2009.2.24


おほめにあずかり,光栄です.

むかしから,
「バイタリティがありますね〜!」と言われます.

おそらく,私の長所を褒めてくれているのだと思う.
ですが・・・
正直なところ,あまりうれしく思えないのです.

なぜ素直に喜べないのだろうかと,
もやもやしていて,
「バイタリティ」についてなんとなくネットで検索かけてみると,

「バイタリティー」=「生命力」=「生きようとする力がでかい」
・・・・でかい???

過酷な環境や,身体的なダメージに強く,なかなか死なない
・・・・死なない???

健康的なイメージでよいとは思いますが
やっぱり,あまり,うれしくないですね・・.

さらに調べていくと,
生命力の強い生物で「クマムシ」というヤツが
「バイタリティー」のすごさでは有名らしいのです.

そこで,
クマムシの生命力のすごさについてまとめてみました.

体長は,50μm〜1mm以下とかわいいサイズ.
しかし,温度や化学的な環境が悪化すると,樽状に体型を変え,
絶対零度(-272℃)に近い低温から151℃の高温まで耐え抜き,
極度な乾燥状態でも,体重の85%を占める水分を3%まで減らすこともOK.
宇宙空間(真空)に放したクマムシを回収したところ無事に蘇生し卵まで産む.
600Mpa(6000気圧) の高圧でも90%以上の生存率で,
57万レントゲン(5000Gy)のX線をあびても余裕で生きまっせ!という.


思わず,クマムシこそが,幻のロボットじゃないのか!と叫びたくなりました.
確かにすばらしいバイタリティだ!

・・・ということは,
「バイタリティがありますね!」=「西田さん,クマムシですよね〜.」
ということなのか・・・・

なぜ素直に喜べないのか,その原因がなんとなくわかった気がした.

バイタリティをお望みの方は,
ぜひ一度,
クマムシを佃煮にでもして,食してみるとよいかもしれない.

責任はとれませぬが・・・・.




BonNou コラム(前)

トップページへ戻る