Prowler



街を徘徊しはじめて
早数十年

気の向くまま
足の向くまま
春夏秋冬
あちらこちらをウロウロする
21世紀の徘徊シリーズ


田町


私はかつて
ここ田町駅から歩いて3分の
芝浦工業大学で
学生生活を過ごしました.

「駅前工学・SHIVA」
というお気軽・体験的なノリで
6年間も通ってしまった
キャンパスと
田町駅周辺には

「甘さ控えめ」「ストイックさたっぷり」
まさに
ダイエットに効果的な
たくさんの
思い出が詰まっています.


駅改札を左に出て
大通り沿いに直進し
1つ目の信号を渡ってすぐ,

ダメ出し,玉砕,入魂・・・
数知れない強烈な手法で
同級生や後輩らを
泣かした

←ラブリーなこちらの
「川」を越えると

田町キャンパスが
角に見えます.


火曜サスペンスのクライマックスで
被疑者を「崖の上」へと連れ出すように

田町に流れる川が
シリアスなシーンに
もってこいだということを
6年間かけて学習しました.


竹を割ったような性格ゆえ
いろいろな方々に
ご迷惑をおかけしましたこと

今更ながらですが
水(川)に流してくださるよう・・
え,ダメ?

 


もちろん,
自分も泣いた
思い出のカフェ&レストラン
もたくさんあります.

泣きましたねぇ・・・
若さゆえの過ち,
敗走,撤退,爆撃,
(戦場だったな)

大事な時間を共有した田町で
同級生や後輩ら
戦友たちに
愛と勇気をもらいました.

「元気だして!」
「うまいよ!」
と言って
みんなが通ってたラーメン屋さん.

だけど
ここ”大元”には
一度も行ったことがありません.

というか
一度も誘われたことがない.

「ギョウザ」大好きなのにぃ♪

なので
ランチは「TO THE HERBS」に
よく行きました.

緑に囲まれた前面ガラスに
ゆとりのあるテラス

開放感が抜群で
パスタもおいしいのに

誘っても
ついてくる男子は
いなかった.


そうそう

同じ研究室の
後輩の誕生日に

サプライズ・プレゼントしたことが
ありましたね.

あの丸ごと一個の
巨大すいかは

ミナトヤさんで買って,
かついで持ってきたものです.


そして
入学したての試験前,

大量コピーに出向いたコンビニで
店員の強い視線を
気にしている私に

”結論から言うと
視線と単位
どっちが大事ですか?”

理工系ならではの
取り組み方も
教わりました.


当時のキャンパスは
コンクリートを固めて建てたような
重厚な装いで

「いかにも工業大学」
といった感じでしたが

現在は
豊洲へ引越して

その跡地は
縮小・整備され
きれいになっています.

(ちょっとさみしい)



田町は
食わず嫌いの私を
見事に
理系女子風へと
成長させてくれた場所

すり割り付丸小ねじを
思わせるような
オブジェに座って

学生時代の一片を
辿ってみました.

2010. 12. 13 Mami Nishida




トップページへ戻る