2010年度 
 第1位




  小宮由嗣君のロボット

 9.52[mm/s],5.02[g]



西田研第1回柔軟ロボット競技会 (2010)


競技会の目的

本競技会は,
西田研のイベントの一つです.

まずはじめに,先生が開発した基本形の柔軟ロボットを
観察してスケッチ製図します.

次に,要求仕様に基づいて,
柔軟なロボットをゼロから設計製図,製作,カスタマイズし,
自作のマシンでスピードを競います.

モノ作りを通して,
楽しさや苦しさ,
問題や課題など
自らの手によって発見することで
自らの可能性を広めていくことを
目的としています.





競技会日

2010,8月26日(1回目),9月9日(2回目)

競技開催場所

西田研 EF-302


ルール

 @振り子型柔軟ロボットの設計

(1) 参加者は競技会時に設計図を提示すること.

(2) ロボットの重さは,基本形のロボット[5.5g]から±0.5[g]以内とする.

(3) 脚部, 腹部の仕様変更はOK,寸法の変更,SMAアクチュエータ(線径φ0.25mm)の仕様変更はNG

(4) 両脚交互にオン・オフの入出力信号タイミング (製作された電池ボックスから手動で行う.)

(5) 部品の追加はOKだが,あくまでもソフトなモノに限定する.


 A競技

(1) 200[mm]のスパンに対する3回走行試行のベストタイム

(2) 転倒もしくは4分以内にゴールできない場合は失格

(3) 走行前にロボットの体重を測定,規定外であれば,その場で失格

(4) 斜め走行,バック走行,脚がゴールラインに到達できればOK

(5) ロボットのカスタマイズは競技が終了するまでOK

(6) 競技会用マットの上で走行させること.





参加メンバー


西田研究室3年生全員

小宮 由嗣
西藤 孝浩
地主 有佑
深井 雄大
矢吹 慧介
清田 恭平
小川 雄太
深澤 航
田中 貴元
神保 友美



結果発表


第1位 
        
       小宮由嗣君 21秒 (チーム西田children(笑))
                 
第2位
        
 田中貴元君 22秒 (チームFOT)

 第3位 
        
  深澤 航君 48秒 (チームFOT)

           
           
おめでとうございました.

他の3年生のみなさん,
お疲れ様でした.






競技会の様子




1位の小宮君の柔軟ロボット

コメント:基本形のロボットの先端部に爪をつけました.




体重測定 大丈夫かな?



競技開始まで準備



2位の田中君のロボット走行をみんなで観察




魔のゴール前に向けて配線を調節?



先生〜,バック走行です.



念じる!




お助けマン登場〜


TOPに戻る

西田研第1回柔軟ロボット競技会 (2010)