TOPに戻る
■ゼミ&ポイント講座
[7]
2010.11. 2
スキル磨きのテクニック
〜 ロジカルライティング実践講座 〜
[6]
2010.10.27

伝える技術,再現させる技術

[5]
2010.7.27

人事の方に聞く面接に効果的なことって?!
西田研★企業研究その一★

[4]
2010.7.20

学ぶは真似る〜世界でひとつだけの設計図〜
熱中することを見つけて,自己PRに書こう

[3]
2010.7.3

講習会,展示会に出かけよう!
一瞬の出会いを次へとつなげよう

[2]
2010.6.16

事件は現場でおきている
真の情報は足で追い求めよ!

[1]
2010.5.25

メールの書き方の基本
好感度がPUするメール術



■国内・国外学会発表のご報告
2011年度 ロボメック (岡山) 2012年度 ロボメック (浜松)
記事
第10号
安藤勇太,比留間将仁,成瀬圭介,竹下優,西田麻美,”FFPアクチュエータの構造とその曲率変化による動作特性の評価”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012(Robomec 2012) 講演論文集,2A2-C07,2012.(浜松)
ここにご報告します.
第9号 矢吹慧介,清田恭平,西田麻美,”腹ばい型柔軟歩行ロボットの歩行動作の検討”,第12回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会(SI2011)pp.2318-2321,京都大学(京都).
ここにご報告します.
第8号 田中貴元,深澤航,小川雄太,西田麻美,”腹ばい型柔軟ロボットにおける特性評価〜昆虫を模した爪の検討〜”,第32回バイオメカニズム学術講演会,講演予稿集1B-16,2011.
ここにご報告します.
第7号 小川雄太,田中貴元,深澤航,西田麻美,”ソフトロボットに向けたFFPアクチュエータ”,第29回日本ロボット学会学術講演会,講演概要集RSJ2011AC3K2-3,2011.
ここにご報告します.
第6号 西藤孝浩,西田麻美,”フリーエッジFFPアクチュエータの信号タイミングの影響”,第29回日本ロボット学会学術講演会,講演概要集RSJ2011AC1P2-1,2011.
ここにご報告します.
第5号 小宮由,西藤孝浩,地主有佑,西田麻美,”腹這い型柔軟ロボットの歩行速度を向上させた歩行動作の検討”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011(Robomec 2011) 講演論文集,2A1-J15,2011.
ここにご報告します.
第4号 深井雄大,青木望,西田麻美,”SMAアクチュエータを用いた薄型移動ロボットの開発”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011(Robomec 2011) 講演論文集,2A1-B07,2011.
ここにご報告します.

第3号 神保友美,西田麻美,”浮力を応用したバルーン歩行ロボットの開発”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011(Robomec 2011) 講演論文集,2A1-H03, 2011.
ここにご報告します.
第2号 清田恭平,深井雄大,矢吹慧介,西田麻美,”FFPアクチュエータを用いた腹ばい型柔軟歩行ロボットの脚部構造の検討”,第55回 システム制御情報学会研究発表講演会(SCI‘11),pp.333-334,大阪大学(大阪)
ここにご報告します.
第1号 野口晋也,松下徹平,村上純一,西田麻美,”柔軟ロボットに関するFFPアクチュエータの応答速度の向上”,第11回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会(SI2010),pp.762-763,東北大学(仙台)
ここにご報告します.
■西田研メンバー紹介
2011年度 西田研集合写真 (研究室で撮影) 2012年度 西田研集合写真 (研究室で撮影)
■研究室イベント〜西田研競技会〜
西田研第3回柔軟ロボット競技会
第1位:遠藤勇君 35[mm/sec], 4.83[g]
 2012.6.29
ベストオブプレゼンテーションin2012
グランプリ発表↑            2012.7.13
西田研第2回柔軟ロボット競技会
第1位:比留間君 15.4[mm/sec], 5.74[g]
 2011.7.26 

西田研第1回柔軟ロボット競技会
第1位:小宮君 9.52[mm/sec], 5.02[g]  2010.8.25