Prowler



街を徘徊しはじめて
早数十年

気の向くまま
足の向くまま
春夏秋冬
あちらこちらをウロウロする
21世紀の徘徊シリーズ


池袋


サンシャイン60のある東口
メトロポリタンのある西口

みなさんは
池袋迷路を
駅員の手助けなく
無事抜けることが
できますか?

目的地に到着するまで
油断のならない迷宮構造

この駅は苦手だよ〜
という方は
おそらく
私だけでないと思います.

ということで,

池袋は
ハンズ横のエスカレータを降りて
サンシャインに向かうか

座って読める本屋の
ジュンク堂に行くか

それ以外に使用することは
「ない!」とぼやいたところへ,

この徘徊コラムを愛読してくださっている
知人の一人より
「とにかく行ってごらん.」
と薦められたところがありました.


それは
国の重要文化財にも指定されている
自由学園明日館
です.

池袋のビル街から徒歩5,6分
忽然と現れる特徴的な建物

日本では,旧帝国ホテルの
設計者として名高い
アメリカ建築の巨匠
フランク・ロイド・ライト氏の学校建築は

まさに「質実剛健」を
象徴するもので
ただもう唖然と眺め続けるしかないほど
ステキでした.

 


建物内には

いつまでも古びない
大胆なタッチの
武井武雄氏の貴重な絵本や

今も
人々を魅了し続ける
竹久夢二の
名作も

このように
手の届く位置に置いてあり

時間の流れが
ここだけ独立しているような感じがしました.


私は女子高生になったような気分で
歴史を想わせるイスに腰かけ,

窓の外のキンモクセイを
まじまじと見て

「もう,そんな季節なのね・・」と
ガラにもなく
あれこれ回想していました.
(ほっといてよ.)





天井が高くて,
とにかく明るくて,
おおきなガラス窓の
ラウンジホールでは

卒業生が作った
クッキーや紅茶などが味わえて,

その中でも
パウンドケーキが
とてもおいしかったので

お土産に
いくつか包んでもらいました.


道路を隔てた場所には
遠藤新設計の講堂があり
こちらも重要文化財に指定されているので
必見です.


今回,
卒業生の同窓会らしき場面にも
偶然ながらに遭遇しました.

校舎を前に
記念撮影する女性たちの姿を見て
ここは,みんなに
愛されているんだなと
知りました.




建物の見学は,
お茶セットも含めて600円.
(各イベントなどもチェックしてみてください.)

なんといっても
スタッフの対応が誠実で
とても気持ちがよかったです.


またぜひ行きたい!
と思うところが増えました.

ルン♪

2010. 11. 22 Mami Nishida




トップページへ戻る