インディペンデントコントラクターとは
〜フリーランス(個人事業主)としての働き方〜


用語
■フリーランス,フリーランサー(個人事業主)とは
   デザイナー,ライター,カメラマン,アーチスト,コーディネーター,
   スタイリスト,などの専門性のある職業で,独立したワークスタイルを持つ方のこと.

■インディペンデントコントラクター, Independent Contractor(IC)とは
   米国では一般的な職業形態であり,フリーランスの中でも高度な専門性を備え,
   業務単位の請負契約をプロとして結んで活動しているエンジニアを
   インディペンデント・コントラクター(IC)と呼んでいる.
   IT関連では正社員の数に迫る勢いで急速に増加しており,続いてプロジェクトマネージャー,
   開発エンジニアやコンサルティング業界でも散見されてきている.
   米国では約900万人のICが活躍していると言われているが,近年では国内の普及も期待されている.

フリーランスの特徴

○専門性・業務遂行能力が高いこと
○業務を委任されており,自分で判断できること
○個人で企業やコンサルト会社などと契約をしていること

  ■フリーランサーは「雇われない,雇わない」をモットーに正社員,派遣,SOHO
    などとは違った第三のエンジニアのワークスタイルとして注目されています.
    下請けではなく,企業と対等に仕事をするようなニュアンスも含まれています.
    基本的には,自分の意思で仕事を選び,自分の能力がそのまま商品価値=報酬になる
    実力主義の世界であるため,顧客の信頼を勝ち取ることが成功のカギとなります.

  ■フリーランスエンジニアには,高い技術力だけでなく,その力をアピールできる能力や
   的確なホウレンソウ(報告・連絡・相談)およびコミュニケーション能力が要求されます.
   また,派遣社員のように,指揮命令者があるわけでもなく,自分自身ですべて責任を負うため,
   ある程度の経験を積んだエンジニアであることが望ましいです.

  ■業務範囲は,開発のプロジェクトマネジャー,ISO,株式公開など各種申請業務,
   研究調査,研修プログラムのトレーナー・講師,人事採用,生産管理,マーケティング,企画など
   非常に幅が広いです.

  ■サラリーマンとしての出世よりも,組織に属さず,不確定な年金を当てにしない
   プロとして専門職を目指す,定年のない生涯現役のビジネスマンスタイルと言えるでしょう.

メリット

○企業側
  必要なときに,必要なだけ仕事を頼めばよい.
  企業に発注したり,社員を雇うよりも安く済む.

○フリーランス側
  時間的な自由が確保できる.
  自分のやるべきことを自分できめられる.

フリーランス向きのタイプ

  フリーランスには,以下にあげる適性が求められるでしょう.

   好きな仕事,実践したい項目がある
   自己管理,スケジュール管理ができる
   自らの専門性に自信がある
   柔軟性,環境適応能力に富んでいる

   前向きで,パワフルである
   人的ネットワークが常時機能している

※ フリーランスは, 専門に関する相談・実現屋です.
自ら創業していくため,労働者ではなく経営者としての覚悟が必要です.


トップページへ戻る