Albert Einstein

Albert Einstein (1879-1955).

When a man sits with a pretty girl for an hour, it seems like a minute. But let him sit on a hot stove for a minute-and it's longer than any hour. That's relativity.

訳:
かわいい女の子と1時間一緒にいると,
1分しかたっていないように思える.
でも,熱いストーブの上に1分座らされたなら,
1時間よりも長いはずだ!相対性とはそういうことである.


アルベルト・アインシュタイン

               


「E=mc2」は,
有名な「特殊相対性理論」の中に出てくる関係式である.

時間の流れや速さ,空間の広がりや動き,静止した状態など,
すべての物事は相対的なものである
(絶対的な基準は存在しないよ.)という概念を提唱し,
それまでの科学者の常識に一石を投じた
アインシュタインの思考と着眼の良さは,
まさに天才とよぶにふさわしいでしょう.

アイシュタインのすごさはなんといっても,
エネルギーと質量は同等だという難しい理論を
小学生でもわかる単純な式にしちゃうだけでなく,
物理学の根幹にかかわる「相対性」の概念を,
一般人にもわかるように比喩や実例を用いて,
簡単に説明しちゃうところである.
(↑の「かわいこちゃんと熱いストーブ」参照)

   


相対性理論の技術的な見地


アインシュタインは
そもそも物理屋さんだけど,
工学の人たちからも絶大的に人気があり
ヒーローである.
ある日のこと,
技術屋が集まってした
相対性理論の話をご紹介しよう.

「それで,あのE=mc2は
実験的なうらづけがないまま発表したんだよね.」
と技術屋らしい会話をはじめたところで
「俺が実験した.」と突然
言いはなったエンジニアの先輩がいた.
先輩は留年しつづけたあげく,
ようやく就職が決まったので年齢不詳.
みんなが先輩と呼んでいる. 

ここで,簡単な前説をすると,
「相対的」とは,ある物事が起こったとき,
観測者と当事者では感じ方が違う.
「時間」について,その人のおかれた状況によっては,
長くも短くも感じるということを意味する.

その先輩は,
まず実験を遂行するために先輩(彼を上回る先輩?)
にお願いして,かわいこちゃんを紹介してもらった.
その彼女は,かわいいだけでなく楽しい女性だったそうだ.
彼女と出合って,
1分が過ぎたかなと思って腕時計を確認したところ,
既に45分も過ぎていた.

その熱も冷めぬまま,
帰宅してすぐにホットプレートを加熱し,
パジャマに着替えてその上に座ったそうだ.
1時間が過ぎたかなと思い腕時計を見ると,
5秒もたっていなかった.

おおやけどを負った先輩.
次の日に会社を休んで病院に行ったらしいが,
医者におしりを見せながら,
この状況を説明をするすべがなかったということである.


先輩の結論を以下に述べる.
当事者の気合が時間を感知する上で決定的な役割を果たす.

2008.12.22 Mami Nishida 
     
 



BonNou コラム(前)

トップページへ戻る