Albert Einstein


アインシュタインは写真を撮られるとき,               
笑わない人だったそうです.                      
舌を出したユニークなこの写真は  
1951年3月14日,彼が72歳の誕生日に,
カメラマンから「笑ってください」
とのリクエストに「アッカンベー」と応えた
有名な一枚の写真です.
アインシュタインもお気に入りだったそうで,
9枚も焼きまわしを頼んだそうです.


また,この年のニューヨーク新聞写真家賞の
グランプリを受賞した作品でもあります.




アインシュタインのこの写真は,
巨大ポスターとなって
私の寝室に鎮座しています.(check up)
「自分がコントロールできない事は気に病まない」

アインシュタインさん,ほんとにご苦労様でした.


偉人にユーモアあり

科学技術にたずさわる者は失敗の連続ですよね.

「どうすっかな・・この状況・・・」と自問自答し,
落ち込んでは復活〜落ち込んでは復活・・
を日々繰り返していますが,
そのようなときに慰めてくれるアインシュタインの
次の言葉が私は大好きです.

「どうして自分を責めるんですか?
他人が必要な時に責めてくれるんだから
いいじゃないですか・・・」


アインシュタインは,
大変うっかり屋さんで有名だったそうです.

ある雨の日,彼は傘を持たないまま
車まで歩いて行き,
初めて自分がパジャマ姿だったことに
気が付いたというエピソードがあります.

万が一,
そこでパジャマ姿に気が付かないまま
街へ出かけていったとしても,
必要なときに,
「あなた,パジャマですよ.」と
誰かがきっと教えてくれるだろうと・・・・.

このようなユニーク発想が,
彼を偉大なる物理科学者以上の存在に
しているのだと私は思います.

20世紀最大の天才を見習って,
世の中を
ポジティブ思考で笑い飛ばしながら
渡っていきたいものです.


2008.12.31 Mami Nishida



BonNou コラム(前)

トップページに戻る