相 原

Cafe and Gallery
「slow boat」

JR横浜線「相原駅」から徒歩1分


メカLabからのおすすめ

〜アツアツの唐揚げ〜


プチ・コメント

相原は美術系大学が集積する地域でもあり
駅前の学生カフェslow boat でも素敵なアートが鑑賞できます.
p.m.5:30からのオープンです.



〜番外編〜

駅前の唯一のカフェ
スローボートは
夕方の五時半からオープンするため
それまで何していようとかと
ハマ線探査隊メンバーで
相談しておりました.

すると
一人の隊員が

みどりの中にポツンと書いてある
アーチェリー!という文字を
を発見しました.


           ↑ココ

さっそく隊員が電話で
「やりたいんですけど」
と確認をとってみると

「フィールドまで行かれますか?」
と聞かれ

とりあえず
「お願いします!」の
隊長の一言判断の元
アーチェリー場まで
向かうことになりました.

駅から約20分くらい歩く間で
我々は
「フィールド」とは何か?
を議論しておりました.


さて
現場につくと
ほんとに丁寧に,
アーチェリーについて
ご指導してくださいました.




それゆえ



初体験にも関わらず
的に
ズボっズボっと
当たるので
面白くてしかたありませんでした.

気分は
もののけ姫
です.




アーチェリーの初心者は
まずはじめに
15m手前から
的に向かって矢をいる
練習をします.

そして,
10m,5mと距離をつめてゆき
弓を引くタイミングと
矢の方向を
自分なりに
調整して覚えていきます.

ちなみに
矢は5本で
腕を前に伸ばした長さよりも
少し出るくらいが
いいそうです.




しばらく練習したあと
ハマ線調査隊は
無謀にも
フィールドに出ることになりました.




フィールドは
ゴルフのような感じで
山の中を歩き回り

それぞれ設置してある的に
順番に3本づつ矢を打って
点数を競うというもの.

全部で24コースあり
約1時間半〜2時間くらいかけて
一周します.




山の中で
↑このように的のある場所を
見つけて歩き

5m,10m,15mの
指定された距離から
矢を放ちます.



とても
東京とは思えません.

このような素晴らしい環境で
優雅にスポーツを楽しむ・・・

気がつくと
皆全員
貴族となっておりました.





結果的に
わたくしのスコアは80で
堂々と
一位でした.
(仲間内で)




道具を貸してくださり
指導まで受けた上
フィールド(練習込み)に出て
なんと
3000円で楽しめます.

春か夏
とにかく蚊の出ない季節に
みんなで出かけられることを
オススメします.


2011.9.20 Mami Nishida



ハマ線探査へ

 トップページへ